楽しみながら選べる贈り物 結婚式のカタログギフト 

結婚式の引き出物はカタログギフトで決定

最近友人や会社の同僚の結婚式にご招待頂く事が増えました。
いくつかの結婚式に参加させていただいているのですが、やはり式を挙げる新郎新婦によって式の内容や雰囲気は十人十色。共通するのは、新婦が皆、幸せそうだと言う事でしょうか。まだ、日の目を見る事の無い私の楽しみは、未来の自分の結婚式に向け、ご招待頂いた式を見ながら、参考にさせてもらうことです。

結婚式と言えば、参加した側の楽しみは、幸せな知人の姿を見る事。というのは、個人的には表向きの理由、本当は料理や引き出物が、式によって様々ですし、特に引き出物は新郎新婦の趣味やセンスによって様々なので、どんなものを頂けるのかが楽しみなんです。

お皿やタオル、たまに、顔写真付きのお皿などオリジナリティに富んだ品々もありますが、私が、将来あるであろう自分の結婚式にも使いたいなと思ったのが、「カタログギフト」です。

初めて引き出物がカタログギフトだった時は、「自分で選ぶの?」と手抜きをされたのか?
と勘違いし、少し寂しい気もしましたが、実は、カタログギフトこそ、新郎新婦の気遣いがこもった優しいプレゼントだということに、式が終わった後気がつきました。
引き出物が多く、大きな紙袋をもらうと、なんだかうれしくなりますが、ほろ酔いで、しかも遠方からの参戦となると、「持って帰るのが大変」ということもたびたびあります。
そのため、カタログギフトにしてもらうと、そういった苦労も軽減されるため、結婚式の二次会へ行くときも、荷物の置き場所に困る事もありません。更に、今まで「これもらっても困る」と失礼ながら思っていた品を受け取る事がなく、ギフトに掲載された商品の中から、自分が欲しい物を送っていただけるという点が、カタログギフトの最大の魅力だと思います。
引き出物は、誰にでも喜ばれるもの、実用性のあるものが主流でしたが、そういったものを選択するとどうしてもありきたりな物になってしまうため、カタログギフトを利用する事で、新郎新婦のセンスを問われる事もないでしょうし、もらったほうもうれしく思います。
招待する側、招待される側が共に、幸せになる、カタログギフトにはそんな利点がたくさんあると思います。

関連サイト