楽しみながら選べる贈り物 結婚式のカタログギフト 

結婚引き出物のカタログギフトが語る気持ち

結婚式の際によくカタログギフトを頂く機会が多いのですが、その贈る側の相手のセンスや気持ちをくみ取る事ができると思います。
カタログギフトにも本当にたくさんの企業からカタログギフトが誕生しており、正直どれを選ぶかはセンスが問われます。
実際カタログギフトを選んで贈る理由は、引出物を商品にするよりも軽いので、持ち帰りに便利な事が大きな理由で、他にもメリットとして、受け取った相手の好きなものを数ある商品の中から自由に選べるという点から無難な選択としても挙げられます。
しかし、受け取ってみて私は実際、カタログの中身を見ても欲しいと思うものが載っていないかたろぐがあり、その時はその贈られた相手が、特に中身を見ずで選んだのではないかという疑念を抱いたりしてしまいます。

いくらカタログギフトといえども、中身を見て贈りたいと私自身は思っています。
私が贈る側の場合は、必ず数社のカタログギフトを比較してカタログサンプルを手に入れて確認してから、これだったら同年代のゲストに喜んでもらえるカタログであるとか、これならば親戚のゲストにも喜んでもらえるカタログだとか考えて選んでいました。
カタログギフトは同じようで意外と細かい点で中身が違うのです。

選ぶ側は贈る事ができれば何でもいいという気持ちでは選んでほしくはないと思います。
また、有名なメーカーのカタログギフトは人とかぶってしまう事が多いので、そう言った事も考慮して珍しくて良質なカタログを選びたいものですね。

関連サイト